悲しいことに多くの人たちの思惑が渦巻く葬式となってしまう

人が死ぬと遺族や会社の従業員たちを巻き込んだ金の取り合いに

ところが、弁護士、税理士が死亡した場合、これらの仕事柄、複雑な対人関係がからむので、そう簡単に別の弁護士、税理士に依頼するというわけにも行かないのである。一方、弁護士、税理士側の立場としては、今や、「お客様」(依頼人)をとるのは大変な時代だ。たとえ、「弁護士でございます」「税理士でございます」と難しい国家資格を%示したところで、商売的には、もうどうにでもなる時代ではない。このようなこれら業界の状況下にあって、もし万一、弁護士、税理士等の独立事業者が死亡した場合、どのような展開がくりひろげられるであろうか。

そこにあるのは、死亡者の「お客」(金)の行方に対する「同業者達」の思惑にプラスして遺族や死亡者の従業員達の思惑も入りみだれつつ、すさまじい「客(金)の奪い合い」へと展開されていくのである。しかし、こうした「客」(金)の奪い合いは何もこれら自由業者のみの問題だけではない。たとえば政治家が死んだ場合にしても、「票」(金)の行方に対する思惑は相当なものであることが想定出来得よう。スムーズに行う「おごり」「割勘」の対人処理法。人に御馳走する立場のことを「おごる」という。

どうも、「おごる」という言葉には、「威張る」というニュアンスが含まれているようである。これでは、おごられた立場の人にしてはたまったものではない。そこで、全てを「割勘」で、といった考え方が成立するのであるが、現実にはそうもいかない場合がある。というのも、この世は、たとえ民主主義社会であるとはいえ、身分社会なのだ。そこには、「地位」(立場)の上下関係が歴然としてあるし、金の多寡も相当に違う。
家族と金 買取 価格の話をしていたときに、両親が実は金の延べ棒を持っていることを教えてくれたので、家族全員で、いつ売るのかという会議を開くことが決定しました。
急な出費でお金がなく、先日消費者金融を利用しました。申し込みをしてから、審査までがすごく早いところで、すぐにお金を借りることができました。ちなみに返済はコンビニからしています。


この形式の中に「保証人」という形式がある。銀行や大企業が、金を貸すにしろ、月賦販売をするにしろ、この形式さえ相手が整えれば、いくらでも実行されていく。形式日本が生む病根もし、ある人が銀行や大企業から金を借りたり、月賦で商品を買おうとすれば、銀行や大企業の担当者は、まず、「書類」(約款)の提出を求める。

「書類」は相当難しくなっているので、借主・買主側が躊躇しているとその担当者は「自分の名前を書きそこに印鑑を押すことが第一点、もう一点は自分と同じように保証人の欄に、保証人が本人と同じようにサインをし印鑑を押せば良い」という。難しい「書類」の完成は、彼らが代行してくれると言うのだ。これなら、簡単だ!そこで、その人は何でも頼みやすいあなたのところに「保証人という形式書類」のサインと印鑑をもらいに来るのである。

新着情報
2013/10/03 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/29 新着記事を更新しました。
2013/09/28 ユニークな人を更新しました。
2013/09/25 プライドは一段と強いを更新しました。
2013/09/23 借金の申し出を更新しました。
2013/09/21 御馳走する立場を更新しました。
2013/09/20 人が死ぬと遺族や会社の従業員たちを巻き込んだ金の取り合いにを更新しました。
2013/09/17 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
キャッシング総合リサーチキャッシングのエイシンキャッシングフィールド
初めてのキャッシングの方も自分に合った信頼できる業者がすぐに見つかります。北海道にあるキャッシング会社エイシンのサイトです。携帯からも申し込み可能です。審査のスピードや可能な金額等、キャッシングする業者のどこが良いかを比べることが出来ます。